高校ラグビー部の後輩であるTくんがご無事にご成婚されました。

彼は某超名門の大学ラグビー出身で大手に就職。
しかし、自分の将来を見据え退職し、紆余曲折を経て自分のやりたい事をみつけ邁進しております。

見てくれの収入面は年齢に対して決して高くないですが、良き理解者とのご縁に恵まれ、晴れて新たな門出を迎える運びとなりました。

これから仕事も家庭もうなぎ登りになる事間違いないないと確信しております。
心根が優しく強いナイスガイなので、何の心配もしておりません。

恋愛感情がまだまだ追いついていないと少し不安だった彼が、彼女を選んだ理由。

それは、一緒にいて落ち着くし、無理をしない自分で居られれるということ。
それを受け止めてくれる器の大きい彼女を大切にできる確信を得たという事です。

ぶっちゃけ断る理由が何もないという結婚の決め手として最上級の台詞を頂きました。

以前にここで結婚した同期も同じ事を成婚時に言っていたのを思い出しました。
この考え方は結婚相手を選ぶ理由としてパーフェクトだと私は諸手を挙げて賛同します。

信頼・確信のある相手と歩めば、
恋愛感情は自然とついて来るというのが、婚トラスト流。

2人の未来が明るいもので、末長く幸せが続く事を祈るばかりです。

本当におめでとう!
今後ともよろしく!